disclogs

ディスクログズ --- 中古レコード・中古CD 新入荷情報

メニュー

カリフォルニア買い付け日誌。

2018年一発目の買い付け。

事前にオンラインチェックイン出来なかったので早めに出発。

問題なくチェックイン出来たんで銀座おぐらのおでんで一人壮行会。

ほろ酔いでゲートに向かうとボディーチェックにあい、手持ちのカバンから硝煙反応が出たとかで空港職員、警察に取り囲まれ2時間ほど拘束されて飛行機に乗れず。廃業かな?と思いましたが無罪放免!

振り替え便は初のJAL。いつものDELTAとは段違いに快適で安かろう悪かろうを改めて実感…。

SFO着でしたが即イーストベイに向かって掘り堀り。

酒のつまみもポータブルもラッコスタイルのマサ先輩

あえぎ声レコに一定の需要があったことはなんとなくわかりますが、7インチの尺ではイケない様な気がするのは私がおっさんだからでしょうか?B面は女性の声でしたがA面はごらんの通り男性の喘ぎ声。試聴してはみたものの要らなさ過ぎて華麗にスルー。

ディーラー宅で頂いた7inchサイズのアマゾン箱に萌え。

翌日もオークランド~バークレイ巡り。どこいってもビール飲むか?とウェルカム・ドリンクが出てくる幸せ。

オークランドにありますレコード店VAMP隣にある、100年以上の歴史を持つというコチラのバー、なんと室内で喫煙可だそう。店内の雰囲気も趣があってよさげでありました。

持ち込んだ焼酎一升を二日で開けた翌朝の胃袋に海老ワンタン入りダック・ヌードルの優しいスープが染み渡ります。

濃霧に覆われたベイブリッジを渡り3日目にして初サンフランシスコ。

気温もレコードもお寒いので写真撮る気も起きず、2時間で滞在終了してメントに向かって北上。

謎の渋滞に巻き込まれてマップ開いたら目に飛び込んできたマ○カスコーナーなる町。チ○カスコーナーもあるのかしら。

完全解禁となったキャリではこのようなアプリの看板が高速脇に立っておりました。解禁されたとはいえ某ラッパーのように600グラムも所持していると逮捕されますが。

かわたんな親子ケース。木製で作りも良かったんですがプライシーで手が出ず。

こちらのお店でもウェルカム・ドリンクが出てきた。7%のロング缶は中々キクね。

ワイン、レコード等でトランクぱんぱん。

この旅初のメキシカンTO GOで部屋飲み。

セヴィーチェで白を、パストールとレングアで赤を完飲。

翌朝は美味いけれどデカ過ぎて半分も食べられないターキーサンドを頬張り

400キロ超の移動開始。

我々より先にインされていたHMVさんDISK UNIONさんに掘り尽されてまともなレコードは一切無し。見た目ゴミだけれど内容は最高なラテン・ジャズ他数枚抜いて終了。

さらに2時間飛ばしてレコ屋へ。H(以下略)でしたが、激寒なベイと違って暖かいし店賑わってるし、で荒むことなく終了。

翌朝に備えて早めのチェックイン。ソムリエMASAによるキン冷えNAPA。

日曜はレコショウのため朝4時半起床。真っ暗な中行われる駐車場でのディール、普段からあまり買えませんがH(以下略)で初のボウズを記録。

零細も零細、業界最末端の当店の乏しい資金力ではとても手が出ない鬼プラ盤をドカ積みする皆さんを見ながらコツコツ買い付け。腕っこきディーラー達が抜いたあとの箱からは何も出ないんで、こちらのブースは一切手をつけることなく退散して

イーストLAでメキシカン。好きですマリスコス。

ジャングルをチラ見してモーテル中庭で打ち上げ。

ホロ酔いでレコード整理して気絶。

レコショウ翌日も早起きしてレコ屋オープン前にディギン。その後訪れたアメーバ、中古レコードが減りまくっておりました。早々に切り上げて

歩いて数分のダニー・トレホのメキシカン・レストランにてブランチ。美味しゅうございましたが少々プライシー。再訪はタコ・チューズデイのハッピーアワー限定かしら。

H(以下略)が抜いた後なのかそもそも無いのか店周りでは中々集まりません。粘っても仕方ないと移動して

リトル・サイゴンの人気店にて打ち上げ。ディズニーランドにも近くて非常にオススメです。

翌朝は明けと共に出発して2時間南下。

朝9時の開店と同時にアワビ、生カキ入りのロカ・トスタダをお願いしたら「朝早すぎ、ねーよ」ってことで普通のミクスタを。少々残念ですが声も出ないくらい美味しゅうございました。

腹パンで国境近くのアウトレットをチラ見して仕事開始。

30度近い暑さの中クーラー無しの店内でレコード見てるとどんどん体力が奪われます…

レコ屋となりのマイクロブリュワリーで一杯、と思いましたがオープン前ってこともあって水で我慢するストイック買い付け。

細々回ってそれなりに集まりました。

最後にバニバニa.k.a. DJ Informの店でチル。「空がキレイだぞ」と言われて外に出たら素晴らしいマジックアワー。癒されました。

翌朝も夜明け前起床。

強烈な日差しの中砂漠を移動してガス休憩。

さらに荒野を走りぬけ、期間限定ボーナス時差でプラス1時間。ようやくたどり着いた先は

名だたるディーラーに聞いても誰も行っていないというこちらの大型店。

10年近く前に訪れた際は値段がアホ過ぎて2度と行かない店ナンバー1に認定していたんですが、オーナー変わったらしいし心を入れ替えているかも?と淡い期待を抱きつつ突撃。

結果は惨敗。ディオンヌ姐さんのLPだけで2列もあれば『 JUST BEING MYSELF』数枚はあるんじゃね?とか思いましたがVG-コピーすら出て来ず。残念。

レコードはともかく町の雰囲気は最高でした。

翌朝は市内で唯一まともなレコ屋へ、ですが真中の島がCDの棚になっていて、レギュラーの棚もスッカスカ、収穫もイマイチ。

トイレ休憩ついでに寄ったハープラも棚スッカスカ、ベガスにも店舗を構えるチェーン店も棚スッカスカ。元々イイものは無いか買える値段ではないんですが、ゴミみたいなレコードすら消えたのは何故なのでしょうか?25セントのMac Davis8トラが輝いて見えましたが、気のせいだと己に言い聞かせて華麗にスルー。

続いては壁のダサさが全てを物語るレコ屋へ。レギュラーは鬼過ぎるのでダラー中心に地べたに座って掘り掘り。Fever TreeのレイトプレスMCAラベルって珍しいな~、買ってみようかしら?と思いましたが華(以下略)

Fania All Starsをこのコーナーにブチ込むお前の店のほうがよっぽどWhat the f**kでございます。

もう2度と来ませんと何度も書いたアリゾナ、今度こそもう2度と来ません(大仁田)。

砂漠の中を5時間ひた走り

コーチェラ通り過ぎてビル・ゲイツ他セレブが冬期休暇を過ごすという別荘地に到着。

スニステたっ君御用達のモールWestfield内にあるレコ屋。場所がレア過ぎて30分位ウロウロしてしまった。意外と買えましたがもう2度とくる事はないでしょう。

指真っ黒になるまで中古レコを見た後は高級車だらけのモールにて創業100年の人気カフェでランチ。客は年配の方ばかり、お会計はチップ入れると1人辺り3000円オーバー。

更に2時間ほど移動してレコ屋へ。ハードル下げてドカンと抜いて

ようやくまともなレコ屋にてまともなレコードを触れて幸せ。グッディールありがとうございます、アレちゃんコーチェラ頑張ってネ。

正直全然見切れなかったんですが、これがドナルド・フェイゲンに見えるくらい疲れたんで仕事終了。

ブレイキング・バッドに出てくるウィンディーみたいな娼婦がうろちょろしているモーテルにチェックインしてキングスvsウォーリアーズのゲーム見ながら荷物整理。

翌日も夜明け前起床でディーラー宅でライムジュース(酒抜き)いただきながら試聴したり、フリマや普段行かないOCのレコ屋を巡ってのコツコツ買い付け。

10年前は数時間店にいて駐禁切られるまで粘れた老舗も1時間弱で切り上げ、新規店は夕焼けを眺めただけで終了。

PCH沿いのホールフーズておつまみ買ってモーテルへ。マジックアワーに癒されました。

最終日曜は朝5時起床でレコショウつーかフリマへ。案の定ベンダー少な目ではありましたが、スーパーボール故か年々ユルくなっているからそもそもこんなものなのか判別できず。

お客さんも少なかったので奪い合いもそれほどなく、手と足を使って7時間耐久ディグ。風邪もあいまってUTOPIAがRASAに見えたので切り上げて

重い体を引きずりながらまだ回っていなかった店へ。低身長、低学歴、低収入の3低が背伸びしても届かないエサ箱と格闘。

部屋に戻ってようやく荷物整理。ごらんのとおりの乱雑さで最終日深夜に整理し切れていないレコが出てきたりして白目剥きました、ちゃんとせなあかんね。

最終日は多忙のためディールは適わなかったものの凄腕ディーラー氏のドライブでメキシカン・ランチ。ゴチでした、いつもありがとうございます。このあと本格的に動けなくなり同行のマサ先輩に運転任せっぱなし、最後はレコ屋にたどり着くも車で寝てるだけ。

月曜の夕方とはいえガラッガラのアメーバ駐車場。地下に車とめるには並ぶのが普通かと思っていましたが、レコードブームとは。おかげさまでぐっすり眠れましたが。

買い付け期間中にご注文頂いた分はほぼ本日発送済みです。お待たせして大変申し訳ございませんでした。

買い付け盤本隊の到着は週末~週明けですが、手持ち分から更新再開しておりますのでどうぞよろしくお願い致します。

https://promenaderecords.com/

promenade records

アメリカ買い付けのオリジナル盤を中心に販売しているオンライン・ショップです。

実店舗はございませんが、盛岡、仙台、浅草、浜松、大阪等で行われているレコード・フェアで出張販売しております。出張販売の日程はBlogにてお知らせしております。

著者の最新記事

関連記事

disclogs について

disclogs(ディスクログズ)はレコード、CD・ショップを応援するウェブサイトです。
お店の新入荷情報やイベント情報を掲載します。
魅力溢れるリアル・ショップ、素敵だったウェブ・ショップが閉店したりするのを寂しく思い、何かできることがないかと思いつくりました。
disclogsは音楽配信ではなくリアルなレコードやCD、DVDの"disc"に記録を意味する"logs"を掛け合わせた造語です。
お客様とショップの架け橋の一端を担うことができれば嬉しく思います。
是非、ご活用ください。